お知らせ

適当な勉強は時間の無駄!(長久手教室)

今週の月曜日の事。

 

学校ワークの点検も終わり、部活もなくなる

タイミングでこちらから各学年宿題を

出していました。

 

先週の水曜日に出して、提出日が日曜日

だったのですが、一部の生徒が出せて

いませんでした。

 

なので未提出の生徒に月曜日に確認したところ

1名を除いて、出し忘れだったのですぐに

受け取ったのですが、1名だけ終わっていなくて

出せないという子が。

 

たまにブログに登場する中1のYくんです(笑)

 

 

期限は過ぎているのですが、かなり譲歩して

月曜日の21時までと伝えました。

 

そう伝えたのが中1の授業が始まっている19時。

授業が終わるのが20時半。

 

宿題をやる時間は30分しかありません。

残っている量を考えるとまず間違いなく

終わらないだろうと思っていました。

 

 

20時半に授業が終わり、急いで自習室に行き

宿題をやりだしたY。

 

まぁどう考えても間に合わないだろうなぁ

と思っていたのですが、そんなYが21時に

提出してきたのです。

 

 

いやいやまさかと思いましたね。笑

生徒がどのくらい量とレベルの問題を

どのくらいの時間がかかるかくらい

把握しています(;・∀・)

 

 

丸付け直しの時間を加味すると1時間は

かかるだろうなと思っていました。

 

 

それを30分。

明らかに不正をしていると感じました。

 

 

じっくりプリントを見ていると

丸付けミスは大量にあるわ、時間がかかりそうな

問題は全て赤で直しているわでした。

 

 

まず間違いなく時間なくて丸付けは適当、

時間がかかる問題はカットしていますね。

 

 

本人に問い質したところ、

「時間に間に合わせるために適当にやりました。」

との事。

 

「そんな適当にやって意味あるの?」

 

「時間に間に合わないけど必ず今日中に出します

って言いに来るべきだったんじゃないの?」

 

「時間の無駄な勉強してる余裕ないでしょ?」

 

「もう一度同じプリント渡すから

今度こそ真面目にやってきて!」

 

とゴリゴリ締めました(笑)

 

 

せっかく塾に来ているのにそんな無意味な

勉強はお金の無駄ですからね。

 

こういう適当な勉強をさせないようにするのも

塾講師の仕事だなぁと改めて感じました。

 

 

再度渡したプリントはしっかりと

真面目にやってきてくれました(^^)/

 

 

少しは伝わったかなと思います。

今回のテスト対策中での一幕でした(^^)/

 

ではでは。

2019.10.04 | 長久手教室

ページトップへ