お知らせ

受験生へと導く(長久手教室)

教室長としての仕事の一つに

「受験生へと導く」というものがあります。

 

 

 

 

もう少し正確に言うと、

「全中3生を受験生としての意識を

植え付けた上で、入試本番まで導く。」

 

 

でしょうかね(^^)/

 

 

 

 

うちは受験生の妥協は許しません。

 

 

努力もせずに高校に行っても

良い事ないと思っているので。

 

 

そんな適当に行った高校なんて

どんな高校でも「クソ校」に早変わりです。

 

 

 

なので全員最大限の努力をさせています。

 

 

 

個別指導の中では量と時間は

相当なものだと思っています。

 

 

 

そんな妥協を許さずにゴリッゴリ

やっちゃう長久手教室ですが、

ただの「中3生」だとまず途中で

折れちゃいますね。

 

 

 

 

毎年やっている事なのですが

一番難しいのが、これはもう圧倒的に

「中3生」から「受験生」へ

切り替えさせる事です。

 

 

 

 

毎年あの手この手で

切り替えさせようとしています。

 

 

 

まぁ大体は話をする事です。

 

 

 

 

うちの卒業生は、それはもう色々な話を

されたかと思います。

(一個でも覚えててくれると嬉しい笑)

 

 

 

 

その中でも毎年夏か入試1ヶ月前の

タイミングで必ず話す事があります。

 

 

 

「入試まで頑張るか頑張らないかで人生決まるよ。」

 

という話ですね(^^)/

 

 

 

代にもよりますが、僕は毎年夏休みに

全中3生を受験生として切り替えさせるので

大体このタイミングに伝える事が多いです。

 

 

 

今年の中3は2週続けて、2回伝えました。

 

 

大事な事だから2回、とかではなく

単純に先走って喋っちゃっただけ(笑)

(今年の中3生は話をさせるのが上手い笑)

 

 

 

 

この話は大体の生徒が響いてくれているようで

そこから切り替えてくれる子が多い。

 

 

 

 

内容は、、、、

 

 

内緒です(笑)

 

 

 

 

自分が語っている内容書くの

恥ずかしいですもんね(笑)

 

 

 

 

さぁ今年の中3生は全員「受験生」に

切り替わったでしょうか。

 

 

 

しばらく様子を見ようと思います。

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.21 | 長久手教室

ページトップへ