お知らせ

努力(長久手教室)

湊は6歳から22歳までの16年間、

極真空手を習っていました。

 

 

 

 

この16年間で養われたものは

数多くあるのですが、その中で

「役に立ってるなぁ。」なんて

思うものがあります。

 

 

 

 

それは「努力をする力」です。

 

 

 

 

極真空手の練習って尋常じゃないんです(笑)

 

 

 

冗談抜きで、一回の練習で

2キロ痩せた事もあります。

 

 

 

足が壊れるくらい蹴り続けた事もあります。

 

 

 

まぁその後遺症で今でも左膝が

まっすぐ伸びないのですが(笑)

 

 

 

 

そんな厳しい環境だったので

毎回の稽古が憂鬱なわけです。

 

 

 

 

毎回「行きたくねぇ。」なんて

思ってました(笑)

 

 

 

 

それでも大学卒業まで通い続けました。

 

 

 

 

嫌だなぁなんて思っていたものを

ずっと続けてこれたのは財産ですね。

 

 

 

 

今後の人生において、空手をやっていた

時期よりもキツイ事ってそうないと

思うんですよ。

 

 

 

16年間の練習において、

手を抜いた事は記憶にありません。

(手を抜いていたらすぐ殴られますし笑)

 

 

 

16年間、努力し続けたという

自負はあります。

 

 

 

 

なので、社会人になってから

努力をしなければいけない場面は

無数にありましたがそれを

キツイと思った事はありません。

 

 

 

これは空手のおかげだなぁなんて

しみじみ思います。

 

 

 

 

なので新入社員を迎える時に

必ず伝える言葉があります。

 

 

 

 

「仕事に手を抜かないでください。」

 

 

 

 

今後も手を抜かずに努力をし続けようと

思った湊でした(^^)/

 

 

 

 

なーんでこんなブログを書こうと

思ったんだろう?笑

 

 

 

 

頑張っている生徒を見ているからかな(笑)

 

 

それともオリンピックの影響かな?笑

 

 

 

 

まぁいいや(笑)

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.29 | 長久手教室

ページトップへ