お知らせ

東京五輪②(長久手教室)

昨日の続きです。

 

 

 

卓球混合ダブルス準々決勝で

素晴らしい試合を見せてくれた

水谷隼、伊藤美誠両選手。

 

 

 

 

準決勝、チャイニーズタイペイ代表に

勝利して決勝を迎えます。

 

 

 

相手は予想通りであった卓球大国・中国代表。

 

 

 

序盤2セットを点差を付けられて

取られたところで、

 

「やっぱ強いな、、キッツイけど

また怒涛の追い上げ見せてくれるんじゃ?」

 

 

なんて思っていました。

 

 

 

その期待通りやってくれます。

 

 

 

なんと3セット連取し、金メダルに大手。

 

 

第3ゲームを取って、

1対2にした事が本当大きかったと思います。

 

 

 

そこからの2ゲームは明らかに

水谷選手の動きが違ったように思えました。

 

 

 

 

勢いで3セット連取し迎えた第6ゲーム。

 

 

ここは王者中国の貫禄といった感じでしたね。

 

日本代表の勢いを止めてあっさりと

逆王手をかけたイメージでした。

 

 

 

 

3対3で最終ゲーム。

 

 

 

それまでのセットを忘れさせるような

出来事が起こります。

 

 

 

第7ゲーム開始からなんと日本代表チーム

8連続得点!

 

 

 

これには盛り上がってしまいました(笑)

 

 

 

8対0。

 

 

勝ったと確信持ってしまう点差ですが、

全く油断できないんですよねぇ。

 

 

なんせ相手は中国代表チーム。

 

 

8対0になっても日本の優勢だ!

って思えないオーラ(笑)

 

 

 

ちゃんと10対6まで追いついて

くるんですよ(笑)

 

 

本当この競技気が抜けないわ(笑)

 

 

 

 

最後は伊藤選手がサーブで決め勝利!

 

 

 

日本卓球史上初の金メダルを獲得する

という偉業を成し遂げました。

 

 

 

 

この混合ダブルスの試合後のコメントで

何度も伊藤選手が言っていた言葉。

 

 

 

「楽しかった」「楽しみます」

 

 

 

これを聞いてエグイな、と(笑)

 

 

 

尋常じゃないプレッシャーの中で

戦っているはずなんですよね。

 

 

 

 

それを「楽しめてしまう」メンタルの強さ。

 

 

 

計り知れないなと。

 

 

 

自分自身の空手の選手時代の事を

思い返すと、試合を楽しんでいた時は

結果も良かったし成長を感じられた

記憶があります。

 

 

 

試合や周りにプレッシャーを感じ始めてから

伸び悩みましたもんね。

 

 

 

 

あの時、彼女たちのようなメンタルが

あれば、、、なんて思ってしまいました(笑)

 

 

 

という事で2日にわたって

卓球混合ダブルス日本代表の

素晴らしい試合について書いてきました。

 

 

水谷隼選手、伊藤美誠選手、

金メダルおめでとうございます。

 

 

 

素晴らしい試合、ありがとうございました!

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.31 | 長久手教室

東京五輪①(長久手教室)

昨日のブログの最後にオリンピックという

ワードを出したので、

 

 

「せっかくだし余談気味にオリンピックの

話題を書こう!!」

 

 

 

なんて思ったので今日は余談です。

 

 

 

 

個人的には昔からあまり五輪に

関心がなく、何となく見ている

といった感じでした。

 

 

 

 

どちらかと言うと、サッカーW杯や

野球のWBCの方が興味があり、

これらは全試合録画して見ています。

 

 

 

 

オリンピックに大きな関心がないのは

今も変わらず、今回も何となく結果を

見ていたくらいでした。

 

 

 

 

それが今回偶然見ていた試合のおかげで

一気にオリンピックに関心を持った試合が

ありました。

 

 

 

 

それは卓球混合ダブルスです。

 

 

 

まぁもともと5年前のリオ五輪から

卓球は興味あったので見ていました。

(ただの石川佳純ファン笑)

 

 

 

女子団体3位決定戦は興奮した記憶があります。

 

 

 

 

さぁ今回から卓球の新種目として

採用された卓球混合ダブルス。

 

 

 

 

日本代表は水谷隼選手と、伊藤美誠選手。

 

 

リオでは個人で銅メダルを獲得した水谷選手と

女子団体で銅メダルの立役者の伊藤選手。

 

 

 

ただ、今回は事前情報を全く入れずにだったので、

この二選手が混合ダブルスの代表という事も、

混合ダブルスが今回からの新種目という事も

知りませんでした。

 

 

 

それくらい今回はあまり関心が

ありませんでした。

(仕事が忙しすぎたかな?笑)

 

 

 

 

そんな湊の関心を一気に

集めたのが先週の日曜日、

ドイツ代表との準々決勝。

 

 

 

 

ドイツが強いのは知っているけど、

まぁこの2人なら大丈夫かな?

なんて思ってましたね。

 

 

 

 

それが大苦戦。

 

 

まぁ試合後調べたら、

2019年の世界選手権でベスト4を

とっているようなチームだったので

当然と言えば当然ですが。

 

 

 

 

 

湊が一気に引き込まれたのは

3セットずつ取り合って迎えた

最終の第7ゲーム。

 

 

日本は2対9まで追い込まれます。

 

 

 

卓球混合ダブルスは11点先取の

7ゲーム制です。

 

 

 

つまりあと2点取られれば敗退。

 

その前に9点も取らなければいけません。

 

 

 

 

そこから4連続ポイントを取りますが

マッチポイントを取られて点差は6対10。

 

 

 

正直、このマッチポイントを取られた時点で

(終わったなぁ、、、)と思っていました。

 

 

 

 

完全に追い込まれて一つのミスも

出来ない状態から怒涛の追い上げを見せます。

 

 

 

 

またもや4連続ポイントを獲得して

デュースに持ち込みます。

 

 

 

デュース以降は2点連取したら勝利。

 

 

 

そこから点の取り合いとなりますが、

16対14で日本の勝利!

 

 

 

 

いやー感動しました。

 

 

 

試合が終わった直後、目に涙を浮かべる

伊藤美誠選手を見てグッとくるものが

ありましたね。

 

 

 

ベスト4に決まった試合なので

まだメダルも確定した状況では

ありません。

 

 

 

それだけ苦しい試合だったという事でしょう。

 

 

 

 

そんな姿を見てすっかりオリンピックを

がっつりチェックするように

なってしまいました(笑)

 

 

 

 

素晴らしい試合でした。

 

 

 

決勝も素晴らしい試合だったのですが

それは明日にしましょう(^^)/まだ書くんかい!

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.30 | 長久手教室

努力(長久手教室)

湊は6歳から22歳までの16年間、

極真空手を習っていました。

 

 

 

 

この16年間で養われたものは

数多くあるのですが、その中で

「役に立ってるなぁ。」なんて

思うものがあります。

 

 

 

 

それは「努力をする力」です。

 

 

 

 

極真空手の練習って尋常じゃないんです(笑)

 

 

 

冗談抜きで、一回の練習で

2キロ痩せた事もあります。

 

 

 

足が壊れるくらい蹴り続けた事もあります。

 

 

 

まぁその後遺症で今でも左膝が

まっすぐ伸びないのですが(笑)

 

 

 

 

そんな厳しい環境だったので

毎回の稽古が憂鬱なわけです。

 

 

 

 

毎回「行きたくねぇ。」なんて

思ってました(笑)

 

 

 

 

それでも大学卒業まで通い続けました。

 

 

 

 

嫌だなぁなんて思っていたものを

ずっと続けてこれたのは財産ですね。

 

 

 

 

今後の人生において、空手をやっていた

時期よりもキツイ事ってそうないと

思うんですよ。

 

 

 

16年間の練習において、

手を抜いた事は記憶にありません。

(手を抜いていたらすぐ殴られますし笑)

 

 

 

16年間、努力し続けたという

自負はあります。

 

 

 

 

なので、社会人になってから

努力をしなければいけない場面は

無数にありましたがそれを

キツイと思った事はありません。

 

 

 

これは空手のおかげだなぁなんて

しみじみ思います。

 

 

 

 

なので新入社員を迎える時に

必ず伝える言葉があります。

 

 

 

 

「仕事に手を抜かないでください。」

 

 

 

 

今後も手を抜かずに努力をし続けようと

思った湊でした(^^)/

 

 

 

 

なーんでこんなブログを書こうと

思ったんだろう?笑

 

 

 

 

頑張っている生徒を見ているからかな(笑)

 

 

それともオリンピックの影響かな?笑

 

 

 

 

まぁいいや(笑)

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.29 | 長久手教室

間違ったルールを作るな!(長久手教室)

塾アルアルなのですが、自分なりの

誤ったルールを作る子がたまにいます。

 

 

 

 

現在の長久手教室で言うと、

中3Yが筆頭ですね。

(久々の登場!)

 

 

 

1年半ほど前だったでしょうか。

 

 

 

英語の単元テストを実施し、

採点をしている時の事。

 

 

 

 

Yのテストだけ違和感が。

 

 

 

Do You ~?

 

 

Are You~?

 

 

 

てな感じで全てのyouのyが

大文字になっていました(笑)

 

 

 

ちなみにその時、小6からうちで

英語をやっていたので英語歴2年。

 

 

 

これはイジるしか!と思い

本人に聞いてみる事に。

 

 

 

 

湊「これさーなんか変じゃない?」

 

 

湊「youに違和感があるんやけどわかる?」

 

 

 

Y「………わかりません。 合ってないですか?」

 

 

 

湊「おぉマジか(笑) 間違いに気がつかんか(笑)

youのYが全部大文字なんやけどさ。」

 

 

 

Y「え? youのYって大文字ですよね?」

 

 

 

湊「!? いつからそんなルールに?」

 

 

 

Y「僕はそう習いましたよ!」

(教えてません)

 

 

 

 

 

こんな事がありました(笑)

 

 

 

恐らくですね、二重で間違えているんです。

 

 

 

「私は」という意味を持つIは

必ず大文字で書きますよね。

 

 

 

それとダブってしまっているのが

まず一点目。

 

 

 

二点目はyouは主語として

文の先頭に書かれることが多いので、

大文字で書く事が多いです。

 

 

 

なので大文字で書く事に慣れてしまい、

勘違いしたのかな、と(笑)

 

 

 

 

このように小中学生というのは

自分の中で誤ったルールを

作りがちです。

 

 

 

 

とても良い捉え方をすると

創造する力に長けているのかも

しれませんけどね(笑)

 

 

 

 

ただ、これがテストの点数に

響いていたら意味ないので

その都度正していきます!

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.28 | 長久手教室

そんなんじゃ駆逐されるよ?(長久手教室)

先日、湊の同級生で塾講師を

している友人から連絡が。

 

 

 

 

新卒で塾講師になった湊とは違い、

中途で塾講師になった子なので

たまに相談に乗ります。

 

 

 

 

今回もそんな連絡だったのですが、

そんな一幕を。

 

 

 

 

湊「うちは卒業生は3年間完全無料で自習室開校。

塾生は無料補習組んでるね。」

 

 

友「そんな事してたら儲けられなくない?」

 

 

湊「いや、儲けようと思ってやってないから。

生徒の成績と学力向上のためにやってるから。」

 

 

友「え?」

 

 

湊「え?」

 

 

 

(笑)

 

 

 

 

綺麗事を言っているなぁなんて

思われたかもしれませんね(笑)

 

 

 

 

湊「小さい個人塾なわけでしょ?」

 

 

 

湊「大手塾と戦おうと思ったらそういう

信念の部分でしか戦えんわけじゃん?」

 

 

 

湊「そんなんじゃ秒で駆逐されるよ?」

 

 

 

 

その後だいぶ熱くなってしまった湊(笑)

 

 

 

生徒の学力を上げる

 

努力をするスキルを身につけさせる

 

 

 

ここの気持ちが薄い塾講師を見ると

腹立つんですよね~(笑)

 

 

 

 

昔から付き合いの友人に

笑えるくらい腹が立った話でした(^^)/笑

 

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.27 | 長久手教室

嘘を正すのがベストではない!(長久手教室)

今日のブログを書く上で

大前提を先に言っておきます。

 

 

 

「子供は嘘を吐く。」

 

 

 

湊は嘘を吐かれるのがとても嫌いです。

(まぁ好きな人はおらんでしょうけど)

 

 

 

 

ただ、塾という場において子供の嘘を追及して

正すのがベストではないと認識しています。

 

 

 

今回はそんな話です。

 

 

 

 

もう6~7年前の話です。

 

 

当時小学生5年生だったある生徒の

宿題をチェックしていた時の事。

 

 

 

湊「あれ、一問も解いてないじゃん。」

 

 

生徒「あー、全部わからなかったんです。」

 

 

 

今となってはそんな事はありませんが、

当時はそう言ってくる生徒はたまに

いました。

 

 

 

 

正直、こんなのはほぼ嘘なんです。

 

宿題をサボるための。

 

 

 

「宿題忘れました。」と言ったら怒られるし

ペナルティも科されるので、

「わからなかった。」と言っているだけです。

 

 

 

 

そもそも授業でやった内容を

宿題で出すのでわからない事は

考えにくい。

 

 

 

 

これを「嘘だろう! 正直に言え!」

と言う事は簡単です。

 

 

 

ただそれでは根本的な解決には

ならないわけです。

 

 

 

それで正直に言うようになるとも

思えませんし、宿題をやらなかった事実は

変わりません。

 

 

 

 

そこでどう対応をしたか。

 

 

 

「嘘にしろガチにしろ出来ないのは

マズいわけじゃん?」

 

 

「勉強を出来るようにする場所が

塾なわけなのね。」

 

 

「だから出来るようにさせるのが

俺の仕事ってわけ。」

 

 

「次回以降、全部わからなかったって

宿題を持ってきた場合は、

居残りして塾で宿題をやってもらうわ。」

 

 

「ここでやれば質問が出来るわけだから

わからない所はわかるまで説明するし。」

 

 

 

 

 

こう伝えたその後。

 

 

 

その子は毎回ちゃんと宿題を

やってくるようになりました(^^)/

 

 

 

 

これが僕のベストです。

 

 

 

嘘を吐くな! 正しい人間であれ!

 

なんて言っても簡単には変えられません。

 

 

 

 

ならば、ちゃんと宿題をやってくるように

仕向ける事の方が簡単ですし大事です。

 

 

 

 

ちゃんとやろう!と思ってくれたのでしょう。

 

 

学校の宿題もサボりがちだったようですが、

それ以降ちゃんとやるようになったと

親御様から聞きました。

 

 

 

 

 

100点の結果になってくれた事を

嬉しく思ったのを覚えています。

 

 

 

どういう言い方でどう伝えるか、

よく悩む事ですが大事ですね。

 

 

 

今どうしてるのかなぁなんて

ふと思い出して印象に残っていた

エピソードを書いてみました。

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.26 | 長久手教室

祝!(長久手教室)

OFFです。

ゴリッゴリの余談で(^^)/

 

 

 

去年の7月甥が出来ました。

 

 

 

これがまた可愛くてですねぇ、

 

目に入れても痛くない、、、

いや、すっごく激しく叩いてくるのですが

あれが目に入ったらのたうち回るでしょう。

 

なので目に入れたらさすがに痛いであろう甥です(笑)

 

 

 

 

過去にブログで登場させています。

 

 

ブランケット(長久手教室)

 

叔父になりました!(長久手教室)

 

 

 

 

さぁそんな絶賛溺愛中の甥っ子なのですが

今月の13日、1歳になりました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

この一年、何度も会っていたわけでは

ない甥っ子ちゃん。

 

 

 

先週の火曜日、姉貴が実家に連れてきている

という事で誕プレを手に仕事終わりに行く事に。

 

 

 

マスクをしていたのもあったと思いますが

湊を確認した瞬間、号泣(笑)

 

 

 

 

まだまだ好かれていない叔父(笑)

 

 

マスクを取ってプレゼントの

お絵かきボードを渡したら、

 

 

 

 

 

この表情(笑)

 

 

 

 

 

 

もう叔父には見向きもせずに

遊んでおりました(笑)

 

 

 

 

小一時間遊び相手をして

帰宅しました(^^)/

 

 

 

最後、帰る時に手を振ってくれた甥っ子。

 

 

これまでは近づくだけで泣かれたり

遠くからじっと睨まれてたりと

あんなに嫌ってたのに(笑)

 

 

 

プレゼントの効果ですかね(^^)/笑

 

 

 

という事で甥っ子の成長報告でした(笑)

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.25 | 長久手教室

久しぶりの退塾面談勧告(長久手教室)

今週の水曜日、久しぶりに

ガッツリ怒りました。

 

 

 

中学生のある学年での事。

 

 

授業開始後すぐに30分間の

英単語暗記時間をとりました。

 

 

 

その際に、

 

 

「書いて暗記しよう!」

 

 

「眺めるだけの時間は無駄だからね!」

 

 

と言葉を添えました。

 

 

 

そこから30分間、生徒の動きを

観察していました。

 

 

 

 

一斉に暗記やテストを各自でする中、

ボーっと眺めているだけで

手が動かずに欠伸ばかりしている子が1名。

 

 

 

 

 

明かなやる気のなさ具合に

周りの子がチラチラ見てしまう程。

 

 

 

この子は入塾してからしばらく経ちますが、

普段からボーっとする時間が多くて

欠伸をよくしています。

 

 

 

これまでは周りに迷惑がかかって

いないという理由で、注意程度で

抑えていましたが今回は違います。

 

 

 

明らかに周りに迷惑がかかっていました。

 

 

 

入塾からここまでの姿を見てても

もうここは言うべきだな、と。

 

 

 

英単語の暗記時間が終わったところで

極めて冷静にキツイ言葉で話しました。

 

 

 

 

「あえて名指しはしないけどさ。」

 

 

 

「手を動かして、ボーっとしないでって

最初に言ったと思うんだけどさ。」

 

 

 

「1名、ずーっとボーっとして

欠伸ばっかしてたやつがおったんだよね。

自分でわかってると思うけど。」

 

 

 

「怒られないからって調子乗ってんの?」

 

 

 

「やる気ないんやったら来んなや。」

 

 

 

「今うちに入りたいけど人数が多くて

入れないって子が何人かいるんだよ。」

 

 

 

「やる気ない奴よりもそういう子に

授業をしてあげたいんだわ。」

 

 

 

「この講習会中、態度が変わらないんなら

すぐ親に連絡して退塾面談するからさ、

覚悟しといてね。」

 

 

 

 

冷静にではありますが

だいぶ怒りが溢れてたと思います。

 

 

 

「関係ない子は本当申し訳ない!

さぁ切り替えてやりましょう!」

 

とは言ったものの、ピリピリした

雰囲気は最後まで続きました。

 

 

 

数年前までは教室の雰囲気を丸ごと変えたくて、

よく怒鳴ったりしていました。

 

 

 

卒業生で怒られた事がない子は

数少ないはず。(特に男子。笑)

 

 

 

でも今は怒られずともちゃんと

やってくれる子が大半を占めるように

なりました。

 

 

 

数年かけて雰囲気を変えた結果かなと。

 

 

 

そういう雰囲気を壊されたくないんですよ。

 

以前にもありましたが、モチベーションが高い子は

低い子の事を気にしてしまいます。

 

 

 

喋らなくても周りは気が散る①(長久手教室)

 

喋らなくても周りは気が散る②(長久手教室)

 

 

 

これだけで集中した雰囲気が一気に

壊れてしまいます。

 

 

 

 

なので今回はかなりキツめに

締めさせて頂きました。

 

 

 

 

言ったセリフは脅しでは

ありません。

 

 

今後変わらないようならば

即面談を組みます。

 

 

 

 

 

さぁ、少しでも変わってくれる事を

期待して待つ事にします。

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.24 | 長久手教室

先週の方がしんどかった(長久手教室)

夏期講習会が始まって4日。

 

 

世間はスポーツの日で祝日ですが

うちはゴリゴリ授業です(^^)/

 

 

 

 

さて、夏期講習って忙しそうと

よく言われるのですがそうでも

ありません。

 

 

 

 

夏期講習が始まってしまえば

やる事はいつもと変わらず授業です。

 

 

 

 

確かに毎日全生徒が来るので

普段よりは忙しくは感じます。

 

 

 

 

ただ明らかに先週の方が忙しかったなぁ

と感じています。

 

 

 

講習会の前の週は保護者面談ですね。

 

 

そこに講習会準備と授業が加わるので、

このタイミングでの教室長の忙しさは

凄いです(;・∀・)笑

 

 

 

仕事で疲れる事がほとんどない湊も

先週は毎日クタクタでした(;・∀・)

 

 

 

15時から19時までノンストップで面談し、

19時から22時まで授業、その後に

講習会の準備ですもん。

 

疲れるに決まってますよね(笑)

 

 

 

自分で作ったスケジュールなのに

「なんでこんな忙しいんや!!」

 

ってなってましたもん(笑)

 

 

 

 

もう少しゆとりを持ったスケジュールを

作成しようと思った7月でした(^^)/

 

 

 

明日明後日はゆっくり休んでもらって

来週からまた講習会再開となります。

 

 

 

土日はお休みですがブログは更新するので

お暇な時にお付き合いください(^^)/

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.23 | 長久手教室

やる気出るなぁ(長久手教室)

今回の面談での一コマ。

 

 

 

担任の先生の濁した言い方に

少々ご立腹だったあるお母様。

 

 

 

そしたらお子様から、

 

「湊先生ならズバズバ言うから面談で

聞いてみたら良いじゃん?」

 

 

って言われて「そうだね!!」なんて

話になったという事を聞きました。

 

 

 

 

そんなズバズバ言ってるかな、、、

やべーな(笑)

 

 

なんて思っていたのですが、

 

そんな時にお母様から一言。

 

 

 

「先生、話題になってますよ♫」

 

 

 

Σ(゚Д゚)!!!

 

 

 

なんと!!!

 

 

 

そのお母様曰く、

 

良い方に話題になっているとの事(^^)/

(なんか恥ずかしいから書かないけど)

 

 

 

 

ありがたいですねほんと(^^♪

 

良い噂も悪い噂もすぐに回りますから、

このまま手を抜かずに頑張らんとですね!

 

 

 

 

そんな話を聞き、気分良くなってたら

その日お問い合わせ頂いた方に、

 

「周りのお母様から話を聞いていて

気になってたんです。」

 

 

なんて言って頂けました。

 

 

 

 

なかなか良い評判が流れている

ようですね(/・ω・)/!!

 

 

 

 

多少のプレッシャーは感じますが、

メンタル強い系男子なので

もっと良い評判出したろー!

 

なんて考えている湊でした(^^)/

 

 

 

 

 

今日はこの辺で。

ではでは。

2021.07.22 | 長久手教室

ページトップへ